So-net無料ブログ作成
ネットワークビジネスと会社 ブログトップ
前の10件 | -

ネットワークビジネスの会社一覧、長寿企業の意外な秘密が明らかに! [ネットワークビジネスと会社]

友達少ない人がMLMで成功!その秘密が明らかに!


月刊ネットワークビジネスで日本で営業しているネットワークビジネス
会社一覧の特集がありましたね。

確か378社でしたっけ?
それだって全部、網羅されてはいないでしょう。

毎年、新しい会社が出来、それと同じくらいの会社が消えて行く...

とにかく、入れ替わりが激しいです!

しかし、40年以上続いているネットワークビジネス会社一覧なら
すぐに作れます。

日本タッパーウェア

ワシントンインターナショナル

三基商事

エイボン・プロダクツ

ジャパンローヤルゼリー

ネイチャーケア・ジャパン

ウィンドグループ

この7社です。

歴史が長い、ということはキッチリとしたビジネスをしていた、という
ことです。

業務停止だとか、そういった処分を受けているようでは、40年以上
も会社は存続しないでしょう。

この会社一覧の登場している企業は、真摯にビジネスに向き合って
来たからこそ、ここまで続いてきたわけです。

しかし、こうした企業の売上高は横ばい傾向にあります。

というのも、こうした歴史のある会社は、口コミ主体のネットワークビジネス
です。

インターネットが発達した世の中だと、口コミしてもすぐ、その会社を
インターネットで調べられます。

そして、根拠のない悪口、以前、その会社で失敗した人たちの八つ当たり的
書き込み、こういったものも目にしてしまい、なかなかリクルートも
上手く行かないようです。

そういった意味でインターネットは、口コミのネットワークビジネスには
厄介な存在ですね。


しかし、中には、逆にインターネットを味方にして、ネットワークビジネス
の組織を広げている人もいます。。

このメールセミナーでは、あえて口コミせず、インターネットだけで
ネットワークビジネスで巨大な組織を築いた人のノウハウが学べます。
 ↓今すぐクリック!!
友達を誘うな!インターネットのネットワークビジネス集客術とは?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

ネットワークビジネスの驚異の企業がやって来る! [ネットワークビジネスと会社]


ネットワークビジネス友達を誘わず、2年後に200人の組織を作る方法

ネットワークビジネス企業はかなり浮き沈みの激しい世界です。

ネットワークビジネスは一年間に200もの企業が新しく誕生し、5年後、
生き残っているのは、そのうちの5%程度と言われています。


もっとも、多くのネットワークビジネス企業が誕生しては消えて行く
一方で、40年以上もの間、存続しているネットワークビジネスの
企業もあります。


では、社歴40年を超えるネットワークビジネス企業とはどんな
会社でしょうか?

日本タッパーウェア

ワシントンインターナショナル

三基商事

エイボン・プロダクツ
ジャパンローヤルゼリー

ネイチャーケア・ジャパン

ウィンドグループ

の7社です。

これらの企業ネットワークビジネスは非常に歴史が長いです。
という事は、製品やビジネスシステムの信用が大きいとも言えます。

倒産のリスクも低いでしょう。

とはいえ、こうした長い歴史の企業にはデメリットもあります。

それは市場規模です。

これらの企業の市場は成熟状態にあり、新しい顧客を開拓するのは
かなり難しいです。

そしてこういった社歴の長い会社のビジネスは基本的に口コミです。

ネットワークビジネスの情報がインターネットで行き渡った現在、
口コミで友達を誘いながら組織を広げて行くのは、正直、かなり難しい
です。

老舗の企業ネットワークビジネスのメンバーは高齢化している傾向に
あります。次の世代へバトンタッチという課題があります。

そして若い世代へのアピールは、高齢化したメンバーでは難しいかもしれません。
まず口コミしようにも接点がありません。

ただ、今はインターネットがあります。

友達には一切声をかけず、インターネットで集客するネットワークビジネス
なら、世代を超えて新しいマーケットを開拓できるでしょう。

月々の消費分の値段がリーズナブル。

買い込みも一切なし。

ムリな勧誘や、強制的なセミナーも禁止。

友達を誘う必要なし!インターネットとメールだけで展開が出来る!

自分が欲しい分を、適正な価格で買って、消費して楽しむ。

製品はその筋の専門家でも唸るほどの優れもの。一級品。

そんなアットホームで、消費者思い、かつすぐれた頭脳が集まった
結果を出し続ける、結果にこだわる集団のビジネスはこちらです

↓クリックしてみてください。

友達を誘うな!インターネットのネットワークビジネス集客術とは?


もはやゴーストタウン?ライフストーリーのネットワークビジネス [ネットワークビジネスと会社]

ネットワークビジネス、稼ぎたい、でも友達誘いたくないあなたの為に!


なんだか、最近、あまり名前を聞かなくなったような気がする、
ライフストーリーというネットワークビジネスの会社なんですが...

報酬プランが独特で、マトリックスと呼ばれています。

誰が勧誘が成約しても「みんなのダウン」という、よくわからない
なんだか社会主義的なシステムを採用しています。

一時期、インターネットでは会員が、こんなコピーで勧誘していました。

・知らない間に収入が増えている
・利益分配型会員プラン
・自動割付システム
・絶対!収入が入る!

ただ、最近はあまり見かけません。

たまに見つけても、ホームページの更新が、2~3年前からとまったまま
だったりします。


とはいえ、会社自体は存続しているようです。

まあ、ネットワークビジネスの活動って特に口コミの場合、あまり表に
出てこないですよね。

残されたホームページや掲示板なんかを見ていると、このライフストーリー
「誰か勧誘してくれないかなぁ~」
という他力本願的な人が集まっているような印象を受けました。

ライフストーリーという会社も、ちゃんと、頑張った人との差を考えていて
直接動いて勧誘した人には、多少の報酬の差がつくようなプランになって
いるようです。

でも、やはり自分から動く人を集めるのって難しいのでしょうか?

インターネットでホームエージを使って宣伝しているみたいですが、
ちょっとインパクトが弱いです。

とはいえ、ネットワークビジネスをインターネットで展開するには
パソコンの知識よりも、まず、
「人を呼び寄せるテクニック」
みたいなものが必要です。

インターネットでネットワークビジネスしたい人をどんどん呼びよせる
テクニック...

とりあえず↓ここを見ればちょっとしたコツもわかるでしょう


入院していたら三人ダウンが出来ていた!禁断のMLM成功セミナー!

ニューェイズのネットワークビジネスは株関連で大爆発! [ネットワークビジネスと会社]

いつまで貧乏くじを引けば気が済みますか?


売上高第三位の規模を誇る、ネットワークビジネスの会社、
ニューウェイズ

この会社が何かと揺れていますね。

原因は2006年4月。
イベントで
「一定以上のタイトルを持つ人には、上場を前提とした
 未公開株であるニューウェイズの優先購入件を
 与えます。」
みたいな発表がありました。

この時、会場からは拍手とどよめきが起こりました。

ニューウェイズが上場するなら、それと同時に、もの
すごい勢いで上昇するであろうと予測されます。

これを上場前に優先的に購入できる!

まさにビッグニュースでした。

しかし、これが予想外の状況になってきます。

の優先購入の権利は一定以上のタイトル保持者です。

つまり、ある程度の売上をキープしないと、にまつわる
「おいしい話」に加わることはできないのです。

そして、その発表から、ニューウエイズの様々なグループで、
タイトル維持や昇格を目的とした買い込みがおこりました。

中には1000万円も買い込みしてしまった人がいたようです。

ちなみに、2010年の5月現在、上場の話は全くありません。

そして、多くのメンバーが、商品ばかり在庫が増えて、いつ来る
かわからない上場の時まで、買い込みしなければならない、
という状況になってしまいました。


下手をすれば、ネットワークビジネスの世界を跳び越して、
社会問題になるかもしれない...

ニューウエイズ問題はそこまで来ています。

赤の他人をダウンにする方法を知りたいですか?

もはやアムェイではネットワークビジネスの成功はできない? [ネットワークビジネスと会社]

いつまで貧乏くじを引けば気が済みますか?

ネットワークビジネスの事を詳しく知らない人でも、聞いたことは
あるでしょう。

ネットワークビジネス界の最大手アムウェイ

ネットワークビジネスの一番巨大な企業です。


正式名称は、日本アムウェイ株式会社といい、アメリカのミシガン州に
本社がある会社の日本法人です。

取り扱い商品は多岐にわたります。

空気清浄機、浄水器、フードプロセッサー、フライパン、電磁調理器、
シャンプー、洗剤からトリプルXとかいうサプリメント...

およそ、アムェイで変えないものはないのでは?と思ってしまいます。


ところで、アムウェイのディストリビューターの収入なんですが
自分から派生したグループの売り上げ金額よって変動する
「タイトル」によって決まります。

売り上げが高くなれば、タイトルも上がって収入も増えます。
売り上げが落ちたらタイトルも下がり収入も落ち込みます。

つまり、「売り上げノルマ」が実質的に存在することになります。

このため、タイトルの維持や昇格のため、必要以上に商品を購入し、
無理な在庫を抱える、自分のダウンに購入を促すなどのトラブルが
よくおこっています。


アムウェイも、こうした事に対応して、大量の買い込みをして
しまった会員を救済する目的で、不良在庫を全額の90%で
引き取るというシステムを制度を作ってします。

ところが、ごく一部では、売上ノルマ達成のために、この制度を
適用しない様、ダウンにプレッシャーをかけたり、もっとひどい所に
なると、その制度があること自体を説明しないで、かくしてしまう
ケースもあるようです。


そんなアムウェイですが、数多くの成功者を生んで来たことも
事実です。

しかし、今からアムウェイをスタートして成功できるでしょうか?

アムウェイは歴史が古く、殆どの人が知っています。
今さら勧誘しても目新しくはありません。

そしてここ十年近く、アムウェイの売上高は大きな変化はありません。
ずうっと横ばいの状態です。

ということはディストリビューターに支払われる、報酬の総額も
あまり変化していないということです。

つまり、新規にサインした人がいたとしても、それと同じくらいの
数の人がやめていっている、ということです。

今からアムウェイで成功するのは不可能、とは言いませんが
かなり難しいことは覚悟しておかないといけません。

友人は勧誘しない!驚愕のMLM成功セミナー!

ニュースキンのネットワークビジネスで成功できる時代は終わった! [ネットワークビジネスと会社]

もう友達を誘うMLMはやめませんか?

ニュースキンといえば、ネットワークビジネスアムウェイ
と同様、大手で古参な会社です。


このニュースキンという会社の企業コンセプトは
「肌に良いものだけを」
というもので、アトピー関係の方々には、結構愛用者が
多いようです。

ところでこの会社、ネットワークビジネスで本格的に収入を
得たい、と思ったらLOIという申請書を提出しなければ
いけません。

LOI提出後、最初の月は25万、翌月以降は毎月20万円の
売上をキープして、エグゼクティブという代理店になります。

そうしてようやく様々な報酬を受け取ることが可能になります。

言い方をかえれば、売上ノルマが存在する、という事です。

実際、ニュースキンでは自分がエグゼクティブを維持するため、
必要以上に商品の買い込みをしたり、ダウンラインに購入を
促したりといった話をよく聞きます。

「製品を売る以上、自分で体感してみないとわからないよね。
 あと、他の人にサンプルで渡したりすることもあるでしょ?
 だったらそれくらい必要だよ。」

とか、

「成功する人はパターンが決まっていて、話を聞いたら
 即、その場でLOIを出す人だね。
 そうでない人は大体、成功しないで終わっちゃうね。」

 といって製品25万円分購入させてLOIを提出させることを
やってるグループはけっこうあるようです。

もちろん、
「自分で愛用者を広げていって、20万の売上が安定して
 確保できそうになったら、LOIを出してくださいね」
と言っているグループもあります。


あなたがもし、ニュースキンに誘われた場合、
サインアップした後、売る方法も見えていないのに、いきなり
LOIを提出するよう勧めてきたら...

止めておいた方が無難かもしれないですね。


確実に、成功の道を歩みたいなら、友人や親戚を誘わないで
成功する方法を勉強してみるのもいいかもしれません。↓
0.2%の人しか知らない!勧誘しないMLM集客方法とは?

自信ありますか?シナジーのネットワークビジネス! [ネットワークビジネスと会社]


いつまで貧乏くじを引けば気が済みますか?

シナジーワールドワイドというネットワークビジネスの会社の名前、
よく月刊ネットワークビジネスとかにも出ていますね。


「ネイチャーズサンシャインプロダクツ」という企業の100%
出資子会社で、正式な会社名はシナジーワールドワイド・ジャパン
株式会社。

本社は東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート23F

代表取締役社長はベン・S・マガレイ。

扱っている商品は、栄養補助食品、美容用品、化粧品なんかで、
ネットワークビジネスとしては王道ですよね。


ところで、このシナジーという会社、「シナマックス」というビタミンや
ミネラルを効果的に摂取できるドリンクが主力商品なのですが、この商品、
同じネットワークビジネスのニューウェイズという会社で「マキシモル」
という商品名で販売していたのと同じものだとか...


なんでも、ニューウエイズから製造を委託されていた会社が、製造方法を
シナジーに売ったようです。


その関係で、製造していた会社をニューウェイズが訴えていました。

その後の経緯はよくわかりませんが、、ニューウェイズからも「シナマックス」
を再び販売していたらしいので、何らかの決着はついているのでしょう。

ところで、このシナジーという会社、日本でのグランドオープンは2004年
なんですが、その7年前にも一度、日本に上陸していました。

ただ、その時は売上が伸びなかった為、撤退しています。

原因は報酬プランとも、あるいは強力な商品がなかったとも言われて
います。


ちなみに再上陸後はどうなっているのでしょうか?

月刊ネットワークビジネスによれば、シナジーの売上は、ネットワークビジネス
の会社での売上ランキングは、2008年には38位 2009年には35位。

今のところ、着実に伸ばしていますね。

しかし、インターネットの展開がいまひとつ弱いような気もします。

これからはネットワークビジネスもインターネットを使わないと!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

あなたが成功するネットワークビジネスの会社とは? [ネットワークビジネスと会社]

【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!

今、どこかのネットワークビジネス会社に登録して活動
している、もしくは自分に合ったネットワークビジネスの
会社をさがしている段階だとします。

そのネットワークビジネスの会社の選び方で、将来の成功が
決まるかもしれません。

でな、一体、会社のどこを見て、選べばいいのか...

会社の理念。
やはり、お金儲けだけではなく、ネットワークビジネスを
通して社会にどう貢献して行くのか、という姿勢は大事
ですね。

扱う製品の品質。
どんなに良さそうな話でも、肝心の商品が粗悪品だったら
意味がないですよね。

報酬プラン。
もちろん大事です。過酷な売上ノルマをクリアしないと、ある程度の収入が
得られないような会社では、買い込みのような問題も起こり
やすくなります。

しかし、何より大事なものは教育プランではないでしょうか。

口コミでネットワークビジネスに挑戦したいなら、口コミ
の教育プログラムが充実しているグループを選ぶべきです。

でも、もし自分の回りにネットワークビジネスを理解して
くれそうな人がいなかったら?

その時は友人や親戚を誘わない、インターネットで展開する
ネットワークビジネスの会社やグループを選択すればいい
のではないでしょうか?

いつまで貧乏くじを引けば気が済みますか?

ネットワークビジネスの恐怖?潰れたガイアの真相とは?! [ネットワークビジネスと会社]

好きなことだけをしてリッチに暮らす方法 

ガイアというネットワークビジネスの会社が倒産して
しまいました。

正式な社名はガイアジャパンコーポレーション

実はこの会社、1999年から2001年までの3年間、
架空の販売手数料を計上して、計1億7306万円の売上
を隠蔽し、法人税5530万円を脱税した容疑で、
打越正一社長ら3人が脱税の罪で起訴されています。

そういった経緯もあったからでしょうか?

ガイアのトップ会員が一斉に退会し、ダウンを引き連れて、
フォーリーフへ集団移動しました。

その結果、ガイアは事実上の経営破綻状態になり、破産宣告
することになったのです。

ネットワークビジネスは世間から胡散臭いものという偏見
があり、その偏見を取り払おうと、ネットワークビジネス
会社の多くは「法律を守る」すなわち、コンブライアンスに
ついつては大手企業以上に気をつけています。

脱税なんて普通、考えられません。

そりゃ、トップリーダーも見限るでしょう。

ちゃんとしたネットワークビジネスの会社なら、脱税どころか、
法律に違反する行為は御法度です。

ネットワークビジネス事態が、世間からの誤解が多いため、
ちょっとした違反で必要以上に叩かれてしまうためです。

ただ、会社がいくら気を配っていても、ディストリビューター
の行き過ぎた行為は、完全には防ぎようがありません。

ガイアの会員が一斉に移動した、フォーリーフという会社の
ディストリビューターたちも、フォーリーフの商品を
「癌が治った!」
と言って紹介している人が、一部いるようです。

病気が治る、と言ってセールス出来るのは薬品だけです。

薬品でないサプリメントをこうした形で紹介するのは、
薬事法違反になる恐れがあります。

法律に触れない活動をしたければ、自分に合った勧誘方法を
するべきですね。

【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!

眠れる宝だった?M3のネットワークビジネス [ネットワークビジネスと会社]

勧誘無し!ダウンが自分からやって来る禁断のワザを公開!

2009年9月にグランドオープンしたネットワークビジネス
M3という会社。

正式には株式会社M3といいます。
東京都千代田区鍛冶町2-2-2 神田パークプラザ5F
代表者 代表取締役 西山 啓道
資本金 100,000,000円

ウリはマイタケエキスの粉末を使った、サプリメントです。

アメリカ合衆国の国防総省が56億円もの助成金を出して
いるサプリメントらしいですが...


この成分を発見した人は日本人で、
神戸薬科大学教授 難波宏影という方です。


日本の学者の研究成果なのに、日本の企業が全然注目せず、
海外の会社がすごい金融で購入した、
という話はこのM3に限らず、よく聞く話ではありますが。


ちなみに研究が発表されてから、M3がグランドオープン
するまでに17年間かかってます。

埋もれていた発見だったのでしょうか?

それを掘り起こしたのはアメリカ。

まあ、メタボ大国ですからね~(笑)
サプリメントの研究も日本よりも盛んでしょうね。


【連絡】橋本です。私はコレで会社を辞めました!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | - ネットワークビジネスと会社 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。